« ふぅの事 #2 | トップページ | 長い約束 #1 »

2011年11月 1日 (火)

ふぅの事 #3

10月26日水曜日生放送後帰宅。
体力が戻って来たふぅ。
舌を詰まらせる事も無くなった。
昼寝食事排泄と午後は良い感じ。
ただ元気過ぎて歩き回る様になり、
心臓が心配。
ただ立ったり座ったり歩いたりはかなり不安定。
院長に電話。
「医学の範囲を超えています」
という言葉。
餌を欲しがると告げれば、
胃腸の病気ではないので、何を食べさせても良いとの事。
この院長の声を聴こえたのかは解らないが、
ふぅの目がキラリと輝いた気がする(笑)
フヤカした餌の量を通常時に戻し、
朝昼晩の3回に切り替える。
パンも買ってきて与えると貪り喰らう。
夫婦も夜はまともな食事を取ろうと、
家で。
しかし、何時ものようにダイニングにやって来ては
おこぼれを貰おうとするふぅ。
興奮状態が怖いので妻と交互に食事。
紙風船のような心臓になっている事は本人(?)
には解らないのだから大変だ。
Img_0116
大好きなソファに登りたそうだったので乗せてやると、この笑顔。

調子に乗り過ぎたのか、
21時45分頃から周期的にクーンクーンと横になったまま鳴出した。
摩る、収まるを繰り返す。
しかしやおら立ち上がり猛然と餌を食べる。
水も飲みばたりとリビングに倒れ込む。
また痛いのか、鳴出す。
22時15分、
堪える様子が無くなり穏やかに深く浅い呼吸に変わった。
いよいよかと、何度かめの覚悟を決めた時、
呼吸が、、
鼾に変わった。。。
苦痛を欲で満たすふぅ。
その後も
起きる鳴く、ハラ減った、の繰り返し。
夫婦はまた睡眠不足と過労でイライラしてくる。
妻を先に寝かせ、
窓を少しあけてやると、
またすーーと寝てくれた。

10月27日木曜日
流石に放送がキツい。咳も出出した。
放送後病院へ現状報告と薬を貰いに俺だけ行く。
今の状況で腫瘍からの痛みは無いはずだから、
鳴くのはかまって、のサインでしょう。。
との事。
腹が減ってただけなのかい!
帰宅すれば、、
かなり元気そう。
足下はおぼつかないが、食事排泄も問題無し!
眠る事も出来る様になって来た。
弱った心臓が充分な酸素を送る事が出来ない事にも少し馴れたようだ。
夫婦も今夜はベッドで寝ようと確認し、
短くも深い眠りを貪る。

10月28日金曜日
長い仕事を終え夜帰宅すれば、
玄関迄迎えに来てくれた。
食事排泄睡眠も。
この夜から夫婦は日常に戻る宣言!
何時何が起るかは解らないが、
我々が倒れては元も子もない。
眠るのは怖かったが、疲労が直ぐに闇に誘い込んだ。
Img_0131
お帰りなさいのふぅ。

10月29日土曜日

朝起きたらふぅはリビングで寝ていた。
水も自分で飲みに行ける様になった。
頭や尻尾も少しづつ振れるようだ。

長くても1週間といわれた日が来た。
Img_0133
まだ散歩に行きたいとは言わないが、
寝て、食べて、排泄するという事を繰り返して体力を戻している。

石橋凌さんがLBに出るので、日曜日以来TVをオン。

午前中病院へ行き現状報告と薬を貰う。
「来週調子が良ければ検査に来て貰いましょう。」
と院長。

来られると良いが。

夕方、夜の生放送の為にいよいよ夫婦は共に家を空ける。
妻に早めに出てもらい、俺はギリギリまで家に居て、
出来るだけ何時ものように、
「お留守番宜しく」
とふぅ告げた。
ジャーキーくれ!にも応じ、家の鍵を閉めた。

22時生放送終了後急ぎ帰宅。
ふぅ、何時ものようにお帰り!と出迎え&ジャーキーくれ!

ほっと胸を撫で下ろした。
この夜1週間振りのビール1本を妻と分けてまた熟睡。

日曜日も安定。

月曜日からは完全通常で夫婦は仕事へ。
今日火曜日は病院にも。
何時ものラゲッジには登れず、後部座席に。
Img_0225

心臓は偶然癒着しているようだ、腫瘍は有り続ける、血液検査の結果は芳しく無い。
今後の注意点、薬の変更等今回も丁寧に院長が説明してくれた。

それが何時かは誰にも解らない。
あの日曜日でも夫婦が居る時間に起きた事だから対処が出来ただけ。
日常の意識の中にふぅを戻し、すこし慎重に見守る。

寝て起きるとふぅが生きてて、
仕事に行って帰宅すればふぅが迎えに来てくれる。
当たり前の事なんて存在しないのに、
当たり前の事に凄く感謝出来る。

学ばされるね、
本当に。
Img_0230
「愚か也、人間。」


|

« ふぅの事 #2 | トップページ | 長い約束 #1 »

コメント

気の利いた言葉など思いつきません。
でも、コメントを書くのでした。

こんな大変な日々がご夫婦に起こっていたなんて知りもせずにラジオを楽しんでいた1リスナーです。
こんなときでも仕事をしなければなりませんものね。
こんなときはどうすればいいのかなんて、本当にわかりません。

で、結局、やっぱり何とお声をかけたらいいのか分からないまま祈るしかない私でした。
そう、私もふうちゃんを思いながら祈ってすごします。
できることはそれだけだもの。

投稿: さるちさ | 2011年11月 1日 (火) 23時03分

善太郎さん、奥様、ふぅちゃん、おはようございます。

ふぅちゃんの事、読んでいて 涙がでます。

蓮太郎の時の事がよみがえり、お二人の状況が目に見える様です。
夜通し鳴く蓮太郎、家族に「寝れない!」と怒られ(誰しも そうなるだろと思いました。だけど、悲しかった)
蓮太郎と2人で事務所に 引っ越しました。
家の中育ちの蓮太郎を、まして体力の落ちている状態の蓮太郎を 土間に寝かせ、自分はソファーで仮眠する日々が続きました。

今でも思い出します。
知り合いから須崎 恭彦さんの本を貸していただき、病状にあう餌を作っていると、蓮太郎は 動けなくなった身体を 一生懸命此方に向けて、嬉しそうに見ていました。

こんなになっても 生きる事を諦めない蓮太郎に 大切な事を教えられました。
善太郎さんが おっしゃる様に 人は愚か、というか、人間が一番だと思っている。

だけど そうではない事を 蓮太郎から沢山教わりました。みんなで この地球上で 生きている事を。

善太郎さん、
私も睡眠不足で共倒れしそうでした。
犬の飼い主さんにも、介護ヘルパーさんが必要だと感じました。

何かお手伝いができればいいのに…と思います。

ゴールデンは重たいですし、床擦れさせない様にするのが大変でした。

洗濯機で洗えるムートンの敷物(人間の介護用)が重宝しました。
体重を均等に支えてくれるし、蒸れないし、水やオシッコで濡れても水分を弾いてくれ、さっと拭いてドライヤーを軽くあててました。

なにかのお役にたてれば幸いです。

投稿: れんちゃん | 2011年11月14日 (月) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196586/53138368

この記事へのトラックバック一覧です: ふぅの事 #3:

« ふぅの事 #2 | トップページ | 長い約束 #1 »